• 地域まるごといきいきブログ
  • 広島医療生協はISO9001:2008の認証取得法人です。

トップページ > 健康づくり

健康づくり

健康チェック

広島医療生協の健康チェックは、「地域丸ごと健康づくり」をテーマに、班会や地域にでかけて実施しています。内容は、血圧測定・体脂肪測定・尿検査(糖・蛋白・PH・潜血・塩分)や乳がん自己チェック、お口のチェックとして歯槽膿漏チェック・磨き残しチェック・咀嚼力チェック・虫歯活性度チェックなどあります。
また、2013年度からは、「地域から大腸ガンをなくそう!」と1万人大腸ガン検診と銘うって、広島市の制度健診を利用してお手軽にできる採便容器による検診の普及に力を入れています。

「健康習慣」実践の4つのプログラム

(1)個人でおこなうプログラム
  1. 健康習慣の自己チェックをおこない、「健康習慣」にとりくむ重点目標を決めましょう。
  2. その重点目標と2つの健康指標の自己目標をわたしの目標に記入しましょう。
  3. さらに、目標達成のために、わたしの計画をつくりましょう。
  4. 月一回、わたしの計画が順調に実施されているかどうか、健康チェック表で確認しましょう。家族や班で励まし合いながらとりくみましょう。
  5. 必要に応じて重点目標を個人プログラムでチェックをして目標や計画をみなおしましょう。
(2)家族ぐるみでおこなうプログラム
  1. 家族で話し合って、家族ぐるみの「健康習慣」の目標と実践計画、特に食生活(塩分、脂肪、間食、朝食)、労働と休養運動などで計画をたてましょう。
  2. 月一回、『健康習慣』の子ども版や高齢者版も参考にして、健康チェック表で家族全員の健康チェックをおこないましょう。
  3. 必要に応じて、家族ぐるみのプログラムでチェックをして目標や計画を見直しましょう。
(3)班や支部でおこなうプログラム
  1. 班会で塩分、血圧、体脂肪チェックなどの健康チェックと健康習慣のチェックをしましょう。個人や家族でおこなっている健康習慣の実践を交流しあいましょう。
  2. 支部や班で年間計画をたて、健康習慣についての学習をおこないましょう。
(4)生協・医療機関と協同でおこなうプログラム
  1. 年に一回、健康診断を受診し、専門家の客観的な評価をうけましょう。
  2. 生協・医療機関の取り組みで健康習慣実践を交流し、健康度およびQOL(生活の質)のチェックを行いましょう。

「健康習慣」の自己チェック

1. 適正な睡眠時間(7~8時間)をとる  
2. 過労を避け、充分な休養をとる  
3. 喫煙をしない  
4. 過度の飲酒をしない  
5. 適度な運動を定期的につづける  
6. 低塩分、低脂肪のバランスのよい食事をとる  
7. 間食せず、朝食をとる規則正しい食生活  
8. 適正体重(適正体脂肪)  
9. 正常血圧  

○:実行できている
△:時々実行している
×:全く実行していない